🌎日本におけるClimate Tech 投資:調査 #10

🌎日本におけるClimate Tech 投資:調査 #10

Happy Friday!

年初週の業務はいかがでしたでしょうか?

年頭にあたり、日本におけるClimate Techのベンチャーキャピタルの状況を把握したいと思います。スタートアップに投資している方は、日本のClimate Techの状況を把握するためにご協力をお願いしたく、以下のリンクよりお答えください。

5分ほどで回答が完了し、2月中に結果をお送りします。今回、調査にご協力いただきましたミナミインキュベートの藤井結さんに感謝いたします。


📰ニュースから

🔋米ラスベガスで開催されていた世界最大規模のエレクロトロニクス関連見本市「CES 2023」が8日夕閉幕し、テック分野への資金流入の減少が指摘される中、EVや脱炭素などが主なトレンドとなりました。

⚡️10年前、中国は低価格を武器に太陽光発電の製造を独占し、世界的なパネル需要の急増と同時に欧米の競合他社を一掃した。米国とヨーロッパは、水素の分野では同じことをさせないという決意を持っています。ブルームバーグのデビッド・ベーカーによる水素に関する興味深い記事は要チェックです。

😨保険業界は、気候変動に起因する損害が年間1200億ドルを超えることが常態化している現実に適応しようとしています。


💵今週のファンドレーズ

日本政策投資銀行(DBJ)は米国のインフラファンド運営会社、エクセルシオール・エナジー・キャピタルが新たに立ち上げるファンドに100億円超の出資をすることを決めたとみられます。ファンドの投資家として北米の太陽光や風力発電施設や、再エネ由来の「グリーン水素」の生産施設などに投資します。


💵今週の資金調達・ディール

🔋自然エネルギーの普及並びに蓄電、送電技術の進化において新規事業を展開する株式会社パワーエックス (PowerX, Inc.) は、JA三井リース、損害保険ジャパンなどからから追加で27億円を調達し調達額が累計約99億円になったことを発表しました。

🐟お魚サブスクサービス「フィシュル」運営のベンナーズが在庫レス流通の事業展開のためDawn Capital、三菱UFJキャピタルなどから累計1.1億円の資金調達を実施したと発表しました。

🔋韓国のフロー電池メーカーであるH2, Inc.は、1800万ドルのシリーズC資金調達を完了したと発表しました。

📩 資金調達情報をここに送信してください。


💡公募

👩🏽‍🎓サステイナビリティや気候変動に関心がある学部生は、1月31日までにアメイジアフェローズのシンガポールまたはベイエリアでのフェローシップへの応募をぜひ検討してください!応募はこちらから


🗓️イベント

👩🏻‍🔬1月20日(金)19時よりEast Ventures主催にて、「日本におけるdeeptech投資の可能性 」というテーマのパネルディスカッションが開催予定です。Climate Teach Japanのメンバーも対面での参加予定です。皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。参加申し込みはこちらから

🎤🌞Hello Tomorrow JapanとJETROは1月25日、Climate Techをテーマにしたセミナーを共催します。CVCや大企業、スタートアップなどからの様々な専門家が登壇し、Climate Techに関する最新技術や課題についてのピッチやリバースピッチ、基調講演、パネルディスカッションを行います。そして、 Climate Techを取り巻く環境についても議論します。詳細と参加申し込みはこちらから


以上、日本や世界での気候変動に関するイベントや機会をご紹介しました。新しいアイデア、イベントや公募、関心・興味のあるトピックがあれば、ぜひClimate Tech Japanにまでお寄せください。

それでは、良い一週間をお過ごしください!


登録はまだですか?

📩 投資情報、イベントや機会をここに送信してください。‌             ‌

ニュースレターサービス向上のためアンケートをとっております。ご協力していただけると幸いです。