🌎1月まとめ:75億円以上の資金調達 #12

🌎1月まとめ:75億円以上の資金調達  #12

今週は全国的に大寒波により、日本海側を中心に大雪が降りました。みなさんはいかが過ごしでしょうか?

2023年1月にClimate Tech Japanの記録によると2023年1月に27日時点で国内Climate Techスタートアップへの投資額が75億円を超えました。

事業領域は交通の脱炭素化に5社(まだクローズしてないスタートアップ含む)、電力グリッドの脱炭素化は2社、食品の排出制限が4社、Climate Fintechに1社で合計12社になりました。

登録はまだですか?

📩 投資情報、イベントや機会をここに送信してください。‌  


📰今週のニュース

🏪23日に通常国会が開かれ、岸田総理により今年の全内閣方針を示しました。防衛力の強化、脱炭素、子育てへの取り組み等について語りました。

☢️実質的に運転期間の上限を超えて原発を運転できるようにする法案などが24日自民党の部会で示され、経済産業省から今の通常国会に提出することが報告されました。

🤺脱炭素社会の実現に向けて、複数の企業が共同で技術開発を行う取り組みが増えていますが、その一方で自由な競争を妨げるおそれがある事例も出てくるのではないかと懸念されています。 このため公正取引委員会は、どういう事例が独占禁止法に違反するかを示した指針をまとめることになりました。

🐄Breakthrough Energy Venturesが牛の食事をより環境に優しいものにするRumin8スタートアップに投資したと発表しました。

🌎火星で二酸化炭素を酸素に変換するテックを地球で脱炭素化に使用するとNoon Energyが発表しました。創業者がNASA出身で、炭素過去と炭素ー酸素電池により脱炭素化に貢献すると見込まれます。


💵今週の資金調達・ディール

🧪グローバルブレインがバイオテクノロジーと化学プロセスを組み合わせた新しい方法でカーボンネガティブな化学品を提供するVisolis, Inc.(本社:カリフォルニア州)へ出資したと発表しました。

🌾「農業用ドローン」と「農業DX」を推進するナイルワークスは、ヤマハ発動機株式会社、住友商事株式会社からの資金調達を実施したと発表しました。

👩🏻‍💻森林・環境・流通プラットフォームなどアプリケーション開発およびリモートセンシング機器等のハードウェア開発を加速を目指す「mapry」第三者割当増資に よるシリーズA(ファーストクローズ)の資金調達を実施したと発表しました。

☀️脱炭素経営企業、RE100参加企業等のお客様にグリーン電力と環境価値をお届けする株式会社クリーンエナジーコネクトは、シリーズBセカンドクローズ資金調達において、アズビル株式会社、伊藤忠商事株式会社を引受先とする第三者割当増資により総額9億円の資金調達を実施したと発表しました。

🥗ヴィーガン生活を支えるブイクックがアレンマイナー氏、ひょうご神戸スタートアップファンド、talikiファンドおよび日本政策金融公庫から1.1億円の資金調達を実施したと発表しました。

📩 資金調達情報をここに送信してください。


💡公募

💻BRINCが二酸化炭素の除去に焦点を当てる、12週間のClimate Techオンライン形式アクセラレータに創業者の募集をかけています。締切は1月29日まで、応募はこちらから

🥇Keeling Curve Prizeのチームは、温室効果ガスを大気中から除去した実績を持つプロジェクト を募集しています。Keeling Curve Prizeは、毎年10団体に5万ドル(約644万円)ずつ授与しています。締め切りは2月10日です。詳細はこちらから

💶インペリアル・カレッジ・ロンドンとCICが金融知識を利用して気候変動問題に取り組む学生(最低チーム内一人が大学院生必須)を対象としたピッチングコンペに学生募集をしています。詳細はこちらから


🗓️イベント

👩🏻‍💻1月27日・28日にStartup Career Fair 2023が東京に行う予定です。脱炭素系スタートアップ多数出展予定です。詳細と参加申込はこちらから

🇩🇪「自動車大国ドイツのClimate Tech最前線」というテーマドイツのClimate Techシーンの最前線を紹介するイベントが1月31日にオンラインにて行う予定です。詳細と参加申込はこちらから


💡
今週のキーワード:Climate Resilience
気候変動による災害が増える中、気候変動による被害から回復する力のことをClimate Resilienceと言います。具体的には干ばつや大嵐、洪水といった気象災害で大きなダメージを受けた耕作地を復旧することを示します。

以上、日本や世界での気候変動に関するイベントや機会をご紹介しました。新しいアイデア、イベントや公募、関心・興味のあるトピックがあれば、ぜひClimate Tech Japanにまでお寄せください。

それでは、良い一週間をお過ごしください!


登録はまだですか?

📩 投資情報、イベントや機会をここに送信してください。‌