🌎秋田県グリーンボンド発行、 今週のClimate Tech#15

🌎秋田県グリーンボンド発行、 今週のClimate Tech#15

Happy Friday!

今週もクライメートテック分野に関するニュースやイベント情報が国内外から入ってきています。

秋田県が10月より「グリーンボンド」発行を決定、EUでは2035年から新規販売禁止法案が採択されました。

詳しくは下記のニュースをご覧ください!

登録はまだですか?

📩 投資情報、イベントや機会をここに送信してください。‌  


📰今週のニュース

💰秋田県は、今年10月以降、「グリーンボンド」を発行し、30億円から50億円ほどの資金を調達することを決定しました。これは、脱炭素化や気候変動対策などの環境分野において、自治体や企業が資金を調達するために発行される債券です。

🚗EUは2035年より化石燃料車の新規販売を禁止する法案を採択しました。本法案はハイブリッド車も対象となります。ヨーロッパ理事会の承認後、施行予定です。

💹シンガポールのEMS企業であるフレックス社は、水曜日15日に子会社のネクストトラッカー社が米国のIPO(新規株式公開)で6億3800万ドルを調達し、元々提示した株価より高い価格設定を行ったことを発表しました。

🗒ブルームバーグは、BNEF パイオニア 2023 を発表しました。パイオニアは、水素エネルギー、電化された未来のための持続可能な金属と材料、およびネットゼロの食料生産システムの構築において驚異的な技術を生み出している企業と研究所です。

🗣また、データ オタクの方は、ぜひ脱炭素化に関するこのプレゼンテーションをご覧ください。


💵今週の資金調達・ディール

🎐風力発電機メンテナンスロボットの開発とロボットを活用したスマートメンテナンスサービスを提供するLEBO ROBOTICSはAbies Ventures Fund I, L.P.、三井住友海上キャピタル株式会社、KDDI株式会社他より3億円の資金調達を実施したと発表しました。

🛵電動トゥクトゥクを活用したモビリティサービスのeMoBiは、ESG 1号投資事業有限責任組合(Earthshotファンド)と複数の個人投資家を引受先とした第三者割当増資により、プレシードラウンドで4000万円の資金調達を実施したと発表しました。

⛽️GHG(温室効果ガス)排出量算定・開示・削減を支援するソリューションのゼロボードは、シリーズAラウンドとしてCoral Capital、ジャフコ グループ、インクルージョン・ジャパン、Keyrock Capital Management、DNX Venturesから24.4億円資金調達を実施したと発表しました。

🔋米国のバッテリー製造インテリジェンスを提供するLiminalは、ArcTern Venturesをリードインベストメントとし、東京大学エッジキャピタルなどから1750万ドルのシリーズA2資金調達を実施したと発表しました。

📩 資金調達情報をここに送信してください。


今週のファンド設立

⭐️朝倉祐介氏が70億円希望のベンチャーキャピタルファンド「Animal Spirits」を立ち上げ、脱炭素を含むシード・アーリーステージのスタートアップへの投資すると発表しました。


💡公募

💪電力、水資源、食料保全、および都市開発領域のスタートアップは、CrewwとGoogle for Startups Japanが共催するグローバルサステナビリティアクセラレーターに応募してください。応募締切は2月28日まで、詳細はこちらから!

👬Climate Vine: バーチャル150人コーホートに応募することで、毎週開催される少人数グループでのミーティング、ソーシャル、気候変動リーダーとのオフレコトークなどの年間メンバーシップを得ることができます。2月24日までにお申し込みください。


🗓️イベント

💡2月27〜28日に東京国際フォーラムで「City-Tech for a sustainable future」が開催されます。インフラ・社会基盤・環境等のフィールドにおいて、様々なアイデアとテクノロジーを用い新たな都市像を導くための具体策や投資拡大につながる場を提供します。詳細はこちらから。


💡
今週のキーワード:グリーンボンド(Green Bond)
グリーンボンド(Green Bond)とは、地球温暖化対策や再生可能エネルギーなど、環境分野への取り組みに特化した資金を調達するために発行される債券のことです。環境への関心の高まりとともに発行され、その市場規模は拡大しています。グリーンボンドの発行により、自らの環境分野への取り組みや貢献を一般投資家にアピールすることができます。詳しくはこちらから。

以上、日本や世界での気候変動に関するイベントや機会をご紹介しました。新しいアイデア、イベントや公募、関心・興味のあるトピックがあれば、ぜひClimate Tech Japanにまでお寄せください。

それでは、良い一週間をお過ごしください!


登録はまだですか?

📩 投資情報、イベントや機会をここに送信してください。‌