🌎統一地方選、ディープテック #25

🌎統一地方選、ディープテック #25

Happy Weekend!

今週は統一地方選挙が行われました。市長選では無所属の立候補者が多く当選し、衆院補選5区の内4区で自民党の立候補者が当選しました。今週はモビリティサービス、食品メーカプラットフォーム、生物多様性などに取り組むスタートアップが資金調達を実施しました。

来週は休日が続くため、GWを挟んで5月12日に、より多くのClimate Tech情報を提供しに戻ってきます。 それまではみなさん、楽しい休日をお過ごしください。


ニュースレターの登録はまだですか?

📩 投資情報、イベントや機会はこちらに送信してください。‌  


📰今週のニュース

💶欧州投資銀行が、2022~2023年気候投資報告書を発表しました。EU企業の53%が気候変動対策に投資して、前年と比較し増加傾向にあります。また中・東欧地域の中小企業においても投資が拡大しています。エネルギー集約型企業の投資意欲も高く、今後も投資が続く見込みです。

💱日本経済新聞によると、米ゴールドマン・サックスの気候・環境関連の投資責任者は日本への投資機会の検討をしていると公表しました。1月に立ち上げた約16億ドル(約2100億円)のファンドを通じて投資を検討する見込みです。

🧪ブルームバーグNEFは、新しいタイプの持続可能なタンパク質の開発、銅の新しい採掘ルートの発見、製鉄によるCO2排出の排除、グリーン水素技術の開発分野等の革新者12企業を2023年BNEFパイオニア賞として発表しました。詳細はこちらより。

📉去年、環境省が脱炭素社会の実現を目標とした「脱炭素先行地域」が選定されましたが、減額された地域が相次いでいることがわかりました。選定後に電力の取引方法の確立ができていなかったことが要因の一つとしてあげられます。


💵今週の資金調達

🥒食品メーカーのためのプラットフォーム「シェアシマ」を運営するICS-netは、ぐんま地域共創ファンドとSDGsファンドより資金調達を実施したと発表しました。

🛴電動キックボードや電動アシスト自転車など「電動マイクロモビリティ」のシェアリングサービス「LUUP(ループ)」は、ANRI、SMBCベンチャーキャピタル、Spiral Capitalなどより約38億円の第三者割当増資および約7億円の銀行借入・リースを含め計約45億円の資金調達を実施したと発表しました。

🏞️生物多様性ビッグデータを運営するバイオームは、シリーズBラウンドとして複数の投資家より総額3.3億円の資金調達を実施したと発表しました。

🐟魚にとって安全な水車・水力発電のSaaSソリューションを提供するNatel Energyは、JAPAN ENERGYファンドなどより資金調達を実施しました。

📩 資金調達情報はぜひこちらに送ってください。


ファンド設立

🪙独立系ベンチャーキャピタル(VC)グロービス・キャピタル・パートナーズが7号ファンドの運用額が727億円に達したことを発表しました。ディープテック技術を含むIT(情報技術)やソフトウエアを中心に投資をする方針です。


💡公募

🏫TOPPA!!CAMP2023:高校生を対象とした気候変動に挑戦するサマープログラムが8月2日~6日に開催されます。プロトタイピング、ビジネスモデルキャンバス、カスタマージャーニー等、ビジネスでも⽤いるフレームワークを使い、アイデアからヒアリングを通じた仮説検証、具体的な事業案のプレゼンまで実践します。最後はグローバルで活躍する投資家や起業家に対し、優勝をかけたピッチをおこないます。詳細はこちら、説明会に参加申し込みはこちらから!


🗓イベント

🤝Cambridge Tech Week:イギリス・ケンブリッジにて、ディープテック技術がどのように商品化され、グローバルな未来を創造するかというテーマについて、「Cambridge Tech Week」で議論し会います。詳細はこちらより!


💡
今週のキーワード:Climate Modeling(気候モデル)
Climate Modelingは、地球の気候システムを数学的モデルで表現することで、将来の気候変化の予測や、過去の気候変動の解明などを行う手法です。気候モデルは、大気、海洋、陸地、氷雪、生物など、地球システムの複雑な相互作用を数学的に表現し、様々なシナリオに基づいて将来の気候を予測します。気候モデルは、気候変化の理解や対策の立案などに役立っています。

Join Us!

🎈 Climate Tech Japanでは一緒に活動できるメンバーを募集しています。興味のある方はこちらから応募してください。


以上、日本や世界での気候変動に関するイベントや機会をご紹介しました。新しいアイデア、イベントや公募、関心・興味のあるトピックがあれば、ぜひClimate Tech Japanにまでお寄せください。

それでは、良い一週間をお過ごしください!