🌱今週のClimate Techイベント・公募#3

🌱今週のClimate Techイベント・公募#3
Photo by William Bossen / Unsplash

週末が近づいてきました。みなさんいかがお過ごしでしょうか?🍁

11月ということで、タイムズ誌が「2022年の最高の発明」の候補を発表しました。気候技術部門でもいくつか候補が出揃っています。フランスでは、80台以上の車両を収容できる駐車場は太陽光パネルの設置を義務付ける予定で、これは最大で11GWのクリーンエネルギー、または原子炉10基分に相当するエネルギーを生み出す可能性があります。


今週もいくつかのイベントをご紹介しましょう。✍️

💚広島県は、11月22日にCIC東京とオンラインで「ひろしまグリーンイノベーションセッション」を開催する予定です。詳細はこちらから!

🍡Foodland Venturesは、11月30日午前11時(日本時間)に、Virtual Demo Day on Agri Techを開催します。アグリテックのスタートアップや投資家のピッチを聞くことができます。参加登録はこちらから。

🏪グローバルCCSインスティテュートは、12月1日に日本CCSフォーラム2022を東京で開催します。フォーラムでは、炭素回収・貯留技術への融資を増やす方法について、参加者間で議論がなされる予定です。

🇦🇺オーストラリア気候技術フェスティバルが12月7日に開催され、気候技術分野の起業家、科学者、投資家、顧客、支援者が一堂に会します。詳細はこちら。

🌿グリーンハウスのDemo Dayに参加登録すると、グリーンハウス第3期生や他の専門家のピッチを聞くことができます。 12月8日、ロンドンの王立研究所にて開催予定です。


公募🎈

🏖️OISTのInnovation Square Startup Acceleratorは、ディープテック分野のスタートアップを、11月20日(日)締切で募集をしています。プログラムでは、最大1,000万円の資金、オフィススペース、プロフェッショナルサービスを南国沖縄で提供するサポートを提供します。

🇺🇸NREL(国立再生可能エネルギー研究所)は、2023年5月2〜3日にデンバーで開催されるクリーンテックの展示会で、投資家や企業パートナーといった幅広い聴衆にむけてピッチを行うプレゼンターを40名募集しています。12月6日までにこちらからご応募ください。

🧪NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、革新的なプロジェクトに資金を提供するバイオ燃料分野のスタートアップ・企業を募集しています。12月12日までにご応募ください。詳細はこちら。

以上、日本や世界の気候変動関連イベントをご紹介しました。Climate Tech Japanでは、世界中のクライメート・テックの最前線の情報を読者のみなさまにお届けします。


ぜひ新しいアイデア、イベントや公募、興味・関心などお気軽に👩🏻‍💻編集部までお寄せください。それでは良い一週間を!👋