🌎PRI In Personと脱炭素投資 #47

🌎PRI In Personと脱炭素投資 #47

Happy Weekend!

もう10月ですね。すっと朝夕肌寒くなり、四季の美しさを感じる頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今週は都内でPRI In Person年次会議が開催されました。魚、新素材、EV観光系スタートアップが資金調達を実施しました。

と、MITテクノロジーレビューによる注目すべきClimate Tech企業15社!


ニュースレターの登録はまだですか?

📩 投資情報、イベントや機会はこちらに送信してください。‌


📰今週のニュース

🎤岸田総理は、都内で開催されたPRI In Person2023(責任投資原則年次会議)に出席し、GX・ESG投資商品の充実「年内に対話創設」させる考えを表明しました。

🤯ヘリオン・エナジー社とヌーコール社が提携し、核融合で鉄鋼をつくる未来型計画にてヌーコール社の米国製鉄所のひとつに発電所を建設することを発表しました。

🙅‍♂️COP28責任者、化石燃料の「段階的削減」に備えるようエネルギー企業に要請し、脱炭素化への投資を推進しました。

🛑CarbonBriefによる炭素クレジットの分析によれば、ネットゼロ目標を掲げる世界の大手企業50社が購入したオフセットの半分は、疑わしい森林保護プロジェクトによるものです。


💵今週の資金調達

🐟革新的な魚類の品種改良技術によって「世界一旨い魚を創り、届ける」ことを目指すさかなドリームは、シードラウンドにてBeyond Next Venturesから1億8,750万円の資金調達をしたと発表しました。

🌱植物由来の環境系新素材「PlaX™️」を開発するBioworksは、瀧定名古屋、小西安等を引受人とする第三者割当増資を実施したと発表しました。

🛵観光移動インフラを創るeMoBi、セゾン・ベンチャーズより総額1億円の資金調達を実施したと発表しました。

📩 資金調達情報はぜひこちらに送ってください。


🗓イベント

Climate Tech最前線の事業アイデア創出:最新のClimate Techスタートアップ44社が紹介され、それぞれの技術やサービスコンセプトを活用して、参加者それぞれが事業化アイデアをワークする内容となっています。詳細はこちらから!

Powering Hydrogen-based Society with Saudi Arabia and Japan:11月15日、東大とオンラインで、日・サウジ両国の未来にとって重要な分野である水素に焦点をあててシンポジウムを開催します。詳細はこちらから!


💡公募

🏆BNEF Pioneersプログラムは、毎年ゲームチェンジングな技術やイノベーションを選定するプログラムです。今年の応募締め切りは10月29日、詳細はこちらから!

Climate Tech Business Idea Workshop:Climate tech・GX分野で今後起業したいと考えている優秀な学生・若手社会人を対象に、ビジネスアイデアを練り有識者を交えた議論を行うことで、課題認識の解像度を上げることを目的とした勉強会シリーズを開催する予定です。詳細はこちらから!

OIST Innovation Accelerator:OISTイノベーション・アクセラレーターは、世界で最も革新的な起業家がスタートアップ企業を立ち上げるための、ユニークな環境を提供することを目標としています。今回のプログラムの締め切りは10月15日、詳細はこちらから!


💡
今週のキーワード:PRI In Person
"PRI In Person"は、責任ある投資原則(PRI)が主催するイベントのことで、年次の集まりです。このイベントでは、投資家、資産運用者、その他の金融関連の専門家が環境、社会、ガバナンス(ESG)に関連する問題や持続可能な投資戦略について議論し、知識を共有します。PRI In Personのカンファレンスでは、通常、責任ある投資、ESGの統合、インパクト投資、持続可能なファイナンスに関連するディスカッション、ワークショップ、プレゼンテーションなどが行われます。このイベントは、ESG要因を投資判断に組み込むベストプラクティスについての学びやネットワーキングの場を提供します。

以上、日本や世界での気候変動に関するイベントや機会をご紹介しました。新しいアイデア、イベントや公募、関心・興味のあるトピックがあれば、ぜひClimate Tech Japanにまでお寄せください。

それでは、良い一週間をお過ごしください!


ニュースレターの登録はまだですか?

📩 投資情報、イベントや機会はこちらに送信してください。‌

‌ ‌