🪙物価高と新規投資ファンド、今週の公募・イベント#5

🪙物価高と新規投資ファンド、今週の公募・イベント#5
Photo by Stephen Dawson / Unsplash

Happy Friday!

今週のClimate Techニュースレターでは、金融とデータに重きを置いてみましょう💰

日銀の雨宮正佳副総裁は、11月27日の講演で、「脱炭素社会への移行がスムーズに進めば、中長期的に物価の安定に貢献する」と述べ、日銀が気候変動への取り組みを支援していく方針を示しました。 また、欧州連合(EU)では、気候変動関連のスタートアップ企業への投資額がトップになっています。

登録はまだですか?

📩 投資情報、イベントや機会をここに送信してください。


クライメート・テクノロジー分野への新規ファンド🆕

💴野村證券は、気候変動リスクに対する運用ポートフォリオを評価するため、ネットゼロ戦略室を設置することを決定しました。

💴モルガンスタンレーは脱炭素化への投資として10億ドル規模のプライベートエクイティファンドを立ち上げました。

⚡️三井住友信託銀行はビル・ゲイツ氏が率いる脱炭素ファンドBreakthrough Energy Venturesに100億円を出資することがわかりました。

🌱株式会社オリエントコーポレーションは、サステナビリティ分野のスタートアップに投資するOrico Sustainbility Fundを設立しました。


公募✨

🌎炭素除去市場の理解、効率的な製品開発、起業のファイナンスについての理解を深めたい方は、12月16日までにAirminers Accelaration Programに応募してみましょう。詳細はこちら。

🏦クライメート・ファイナンス・ラボでは、ネット・ゼロ経済への投資機会を生み出すことができる革新的なファイナンスソリューションを募集しています。応募はこちら。 12月26日まで!

💲国際気候金融アクセラレーター(ICFA)は、気候変動ファンドの設立を検討しているファンドマネージャーを募集しています。ICFAは、運転資金や融資、オフィススペース、トレーニングワークショップなどを提供します。応募は12月30日まで 。

👩🏻‍🔬ニューヨーク州はコロンビア大学と共同で、二酸化炭素回収、建築材料、化学物質、燃料などの気候変動技術を商業化まで加速させるために助成金について募集を開始しました。応募は1月13日まで。

イベント🗓️

🤝12月5日、Circular Economy Hubは「サーキュラーエコノミースタートアップ/上場企業が語る、事業のリアルとこれから」というイベントを開催します。応募はこちらから。

🤝Nordic Talks:ノルディックイノベーションハウスは、「グリーントランジションの原動力としてのエネルギー安全保障」というパネルディスカッションを12月8日に開催します。北欧諸国と日本が再生可能エネルギー資源をさらに活用し、自立していくための方策を議論します。詳細・お申し込みはこちらから 。

🤝TedxFukuokaは、12月10日に福岡・天神でClimate Resilienceをテーマにした対面式の少人数制ディスカッション「TEDxFukuoka2022 Countdown "Climate Resilience"」を開催します。お申し込みはこちら 。


以上、日本や世界におけるClimate Techのニュース、イベントや機会についてご紹介しました。新しいアイデア、イベントや機会、みなさんの興味関心のある分野などありましたら、ぜひご自由にClimate Tech Japanにシェアしてください。

それでは、今週も良い一週間をお過ごしください!


ニュースレターサービス向上のためアンケートをとっております。ご協力していただけると幸いです。