🌎シリコンバレー銀行破綻とエネルギーダボス会議 #19

🌎シリコンバレー銀行破綻とエネルギーダボス会議 #19

Happy Friday!

今週、5年ぶりに韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が日本を訪れ、日韓首脳会談が行われました。半導体のグローバルなサプライチェーンを強化し、日韓協力についての議論をする予定です。

3月6日〜10日、エネルギー安全保障・移行・アクセスに焦点を当てた「エネルギーダボス会議」と言われるCERAweekがヒューストンで開催されました。話題に挙がった水素と炭素回収利用貯留(CCUS)に関して、水素は炭素原単位に関する課題、CCUSは貯留と隔離に関する認可の遅れが明らかになりました。

各業界で注目されているClimate techキーワードについては、こちらをご覧ください。

ニュースレターの登録はまだですか?

📩 投資情報、イベントや機会はこちらに送信してください。‌  


📰今週のニュース

⛔ スタートアップに特化した米国のシリコンバレー銀行(SVB)は、2008年の金融危機以降に経営破綻した最大の銀行となりました。銀行はFRBの利上げの影響を受け価値が暴落し、これにより国債で18億ドルの損失を出しました。SVBは気候変動やエネルギー技術を扱う数多くの企業・スタートアップ、加えて全国の太陽光発電ファイナンスの60%以上と関わりを持っていました。

🚧 ENEOSホールディングスグループのJX石油開発は15日、国内唯一の海洋掘削会社である日本海洋掘削を買収すると発表しました。買収によって、海洋掘削会社の技術知識がCCUSに使用されることが期待されます。

💡 イランが世界第2位に相当するリチウム鉱床を発見したと発表し、国際情勢に大きな影響をもたらす可能性が指摘されています。

🚙 ドイツの自動車大手BMWは水素自動車の製造に注力すると発表しました。BMWは昨年末に高級SUV「X5」の水素バージョンを短期間生産していました。電気自動車に関して、各国の電気インフラの整備率の違いから、すべての顧客が純粋な電気自動車に乗り換えるのは不可能だと指摘しています。


💵今週の資金調達

🤸 常識を覆した断熱材を開発するThermalyticaは、シリーズAにより1億1250万円を調達しました。リードインベスターはケイエスピーです。

🛵 モビリティのシェアリングプラットフォームを提供するOpenStreetは、JICベンチャー・グロース・インベストメンツをリードインベスターとし、複数社を引受先として約22億円の資金調達を実施しました。

📩 資金調達情報はぜひこちらに送ってください。


💡公募

💪 MUFG ICJ ESGアクセラレーター: 三菱UFG銀行は、「東京から始まる、世界のネットゼロ」というテーマでMUFG ICJ ESGアクセラレーターを開催します。脱炭素社会に貢献するベンチャー企業やプロジェクトを募集しており、締切は3月19日までです。詳しくはこちら。


🗓️イベント

🤖 How AI is accelerating Sustainability: 3月27日にWomen in Ai & Roboticsのイベントにて、AIでサステナビリティを加速させる方法について議論します。詳細はこちら。

🛢 Software Innovation X Energy: 4月5日にEnergy Tech MeetupがWeWork東京Squareガーデンにて「Software Innovation X Energy」というテーマでイベントを開催します。詳しくはこちら。

🇵🇱 Energy Tech Summit 2023: 4月26日~27日にポーランド・ワルシャワでEnergy Tech Summitが開催されます。専門家の講演や、スタートアップのピッチ・ブースにて、脱炭素に関する熱い議論が期待されます。詳しくはこちら。


💡
今週のキーワード:鉱物サプライチェーン
脱炭素技術の鍵とされる電気自動車(EV)や風力発電に不可欠な鉱物資源の需要が急速に高まっています。しかし環境意識の高まりから、鉱業界には強い批判があり、増産に向けた開発は停滞しています。この情勢の中、各国政府はサプライチェーン確保のため戦略を立てています。経産省の資料はこちらから。

Join Us!

🎈 Climate Tech Japanでは一緒に活動できるメンバーを募集しています。興味のある方はこちらから応募してください。


以上、日本や世界での気候変動に関するイベントや機会をご紹介しました。新しいアイデア、イベントや公募、関心・興味のあるトピックがあれば、ぜひClimate Tech Japanにまでお寄せください。

それでは、良い一週間をお過ごしください!


登録はまだですか?

📩 投資情報、イベントや機会はこちらに送信してください。‌