🌎 地熱発電とCOP28#36

Happy Weekend! 今週はCOP28のアジェンダ発表があり、国内で水、リサイクル、カーボンクレージット、蓄電池系スタートアップが資金調達を実施しました。 海運業界も脱炭素へ、2050年「実質ゼロ」に何が必要か?

🌎 地熱発電とCOP28#36

Happy Weekend!

今週はCOP28のアジェンダ発表があり、国内でリサイクル、カーボンクレージット、蓄電池系スタートアップが資金調達を実施しました。

と、海運業界も脱炭素へ、2050年「実質ゼロ」に何が必要か?


♨️地熱発電にある経済的機会と課題


地熱は、脱炭素経済を実現するために非常に重要な役割を果たすエネルギーソースと期待されています。以下に地熱が持つ脱炭素経済機会のいくつかを挙げてみます。

🌎クリーンな発電源:地熱エネルギーは、化石燃料を燃焼させる必要がなく、二酸化炭素(CO2)や他の温室効果ガスの排出がほとんどないクリーンな発電源として利用できます。

👍持続可能な暖房と冷房:地熱は、住宅や建物の暖房や冷房にも使用できます。地下に蓄えられた熱を利用するため、季節によらず一定の安定供給が可能です

🏭産業用プロセスの熱源:地熱エネルギーは、産業プロセスでの熱源としても利用されます。工業用の高温の熱を必要とするプロセスにおいて、地熱を使うことで環境への負荷を軽減できます。

👷🏻‍♂️地域の雇用創出:地熱プロジェクトの開発や運用には多くの技術的専門知識が必要です。そのため、地域における雇用機会の創出が期待されます。

これらの機会がある一方で、地熱発電の課題は、
🛑地熱資源が限られた地域に限定されること、
💸高い初期投資と技術的リスク、
〰️遠隔地にある場合の電力グリッドへの接続に伴う課題です。

これらの課題に対しては、技術の進化、適切なプロジェクト管理、持続可能な政策の改善などが必要です。地熱エネルギーの利用が拡大するにつれて、これらの課題への対処がより重要になっています。


ニュースレターの登録はまだですか?

📩 投資情報、イベントや機会はこちらに送信してください。‌  


📰今週のニュース


📢COP28の議長が、COP28サミットのアジェンダーは気候変動による影響を受けた貧困国への補償基金展開、2030年までに再生可能エネルギーを3倍、水素生産を2倍に増加すると発表しました。

💰政府のGX基本方針で中核となる半導体分野では、「先端半導体や不可欠性の高い半導体及び関連サプライチェーン(供給網)の強靱化」に約5兆円、「次世代半導体や光電融合等の研究開発や社会実装」に約6兆円が割り当てられました。他国に進出している台湾半導体大手のTSMC社は2024年頃に熊本工場から生産する予定です。

🪅テキサス本社のFervo Energyが、石油掘削技術を使って地熱エネルギーを抽出する方法を成功させたことを発表しました。高温の水を地下からくみ上げ、地上でタービンによって電力に変換仕組みです。

🏁エクソンモービル社はデンベリー社を全株式取引で49億ドルで買収すると発表しました。これにより、石油大手は米国最大の二酸化炭素パイプラインネットワークへのアクセスが可能になります。


💵今週の資金調達

💧次世代グリーン廃水処理ソリューションを開発するHydroleapがシリーズA資金調達ラウンドにて政府系ファンドSEEDS Capitalなどから440万米ドルを調達したと発表しました。

♻️リサイクル材料を活用したい製造業者と排出事業者を繋ぎ合わせて循環型サプライチェーンをデザインするレコテックはSpiral Innovation Partnersを引受先として第三者割当増資を実施したと発表ました。

🔋独自技術の次世代パワー型蓄電池システムを提供するエクセルギー・パワー・システムズが脱炭素化支援機構より資金調達を実施したと発表しました。

💸カーボンクレジットを活用した脱炭素×マーケティングサービスを提供するExRoadはANRI、G-STARTUPファンドおよび個人投資家よりシードステージで5,000万円の資金調達を実施したと発表しました。

📩 資金調達情報はぜひこちらに送ってください。


ファンド設立・買収・IPO

💰みずほフィナンシャルグループは、脱炭素や人工知能(AI)などの先端技術を持つスタートアップ企業が発行する新株予約権付社債に投資する100億円規模のファンドを立ち上げることを明らかにしました。

💰デンマークの再生可能エネルギー投資マネージャーであるコペンハーゲン・インフラストラクチャ・パートナーズ(CIP)は、最新の再生可能エネルギーファンドの第一ラウンドで56億ユーロ(61億ドル)の資本コミットメントを締結しました。


🗓イベント

👨🏽‍🔬脱炭素の最新テクノロジー 水素活用の最前線 :7/27(木) 17:00~より水素の社会実装に向けて必要となる基礎知識を含む、水素活用の最前線について話す予定です。詳細はこちらから!

🧪「ディープテックで世界を変える!」というテーマで研究成果や次世代テクノロジーが社会にもたらすインパクト、そしてそこを舞台に事業に挑むことの魅力を深堀する予定です。開催は8月9日、19時〜よりオンラインにて、詳細はこちらから!


以上、日本や世界での気候変動に関するイベントや機会をご紹介しました。新しいアイデア、イベントや公募、関心・興味のあるトピックがあれば、ぜひClimate Tech Japanにまでお寄せください。

それでは、良い一週間をお過ごしください!

‌             ‌


ニュースレターの登録はまだですか?

📩 投資情報、イベントや機会はこちらに送信してください。‌